「コードブルー」の意味とは?なぜブルーなのか?ブルー以外の色は?

7月17日からスタートする「コードブルー3rd SEASON」ですが、あなたは「コードブルー」の意味を知ってますか?

医療の現場で使われる「隠語」ではあるのですが、もちろん「コードブルー」という単語には意味があります。

なぜブルーなのか?と思った方もおられるでしょうし、レッドやホワイトなど他の色もあるの?と思った方もおられるでしょう。

実はブルー以外にも他の色がありますし、それぞれに意味があります、

ここでは「コードブルー」の意味となぜブルーなのか?そして「コードレッド」などの他のコードネームについても意味を紹介します。

 

「コードブルー」の意味は?

「コードブルー」とは、救命救急センター(ER)で使用されるコードネーム(隠語)のひとつです。

患者の容態が急変したことを暗に知らせるもので、緊急事態発生および至急全員集合を意味します。

コードネームで知らせることで、病院内の一般人に不安や混乱を起こさせないための病院側の配慮でもあります。

院内の救急救命室などで使われることが多いので、コードブルーのサブタイトル「ドクターヘリ緊急救命」というのもここから来ているのではないか?と言われています。

「コードブルー」という緊急コールを聞いた看護師さんは、自分が優先している治療がなければ、患者さんのもとに駆けつけて、緊急蘇生を行う必要があります。

なぜ「ブルー」なの?

「コードブルー」という隠語(コードネーム)は、容態が急変した患者さんが出たり、緊急搬送されてきた患者さんがいた場合などに使われます。

「緊急でただちに患者さんの元に駆けつけなければならない」ということもあります。

この「コードブルー」の「ブルー」には「最優先事項」といった意味があります。

「コードブルー」以外の隠語と意味

「コードブルー」以外の隠語もあります。

色によって意味も持たせているのですが、ここでは「コードブルー」以外の隠語について紹介します。

コードゴールド

脳死ドナーが現れた場合に用いられます。

臓器移植が必要な脳死患者が発生した場合のスタットコールで、もっとも早急な対応が必要とされる場合に用いられるのが「コードゴールド」です。

コードレッド

施設内で火災が発生した場合に用いられます。

火災報知器などの火災を知らせる術がない場合に用いられる隠語で、文字通りに「レッド=火」を意味するものです。

コードグリーン

テロなどの影響で、多数の死者が出る可能性がある場合に用いられます。

患者さんの緊急を要する容態の悪化というわけでなありませんが、病院の安全な運営が目的で使われている隠語です。

コードホワイト

病院内でのトラブルを知らせる際の隠語で、「コードホワイト」には院内の不審者が暴れたり暴言を発したりするなどのトラブルを現しています。

警備員やガードマンを呼ぶために用いられます。

コードイエロー

緊急で患者さんを搬入したいといった事態が発生したときに用いられる隠語です。

別の意味で、患者さんや患者さんの家族がトラブルを起こした場合にも使われるのが「コードイエロー」です。

コードブルーの意味は?なぜブルー?まとめ

「コードブルー」は、患者さんの容態が急変した場合などに用いられるコードネームで、緊急事態が発生したということを他の患者さんにわからないように使われる隠語です。

「ブルー」には「最優先事項」という意味があります。

他の患者さんに知られないように、また変なパニックを起こしたり、不安になったりしないように配慮しているということに感心しました。

意味合いが違うのにそれぞれ使い分けていることに、医療現場の緊迫さを感じます。

また、コードブルー以外にも、

  • コードゴールド
  • コードレッド
  • コードグリーン
  • コードホワイト
  • コードイエロー

があるということもお伝えしました。

コードブルーのドラマを見ていて意識するようなところではないかもしれませんが、医療の現場ではこのようなコードネーム「隠語」が使われているということを知っていただければ幸いです。

新ドラマ「コードブルー3」の中でも出てくるかもしれませんね(^^;)

7月17日からスタートする待望の新作「コードブルー3」の予告編動画はこちらです!

7月スタート月曜夜9時スタート新ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON』
山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介出演動画映像。5人再始動まであと少し。

 

せっかくの楽しみにしていたドラマを見逃してしまったという場合には、無料で動画を見ることができる「裏技」を使って視聴してください。